読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水面下の夢

競プロやイラストに興味があります.メインブログがここ.ソシャゲの話はこっち(http://ameblo.jp/0n0-yumechi/).ブログアイコンはYaQ(@8_9_00)さんから.

planetarian聖地巡礼(2016/11/12)

旅行

寝落ちしたため、12/5中に更新ができませんでした。駄目です。。。。


ちなみにこれ11月半ばのことだったのですが、許して…。




浜松に行く用事があったため、planetarian聖地巡礼してきました。と言っても、6年ほど縁のある土地だったので真新しさを感じることはなかったのですが…w それとアクトの地下とか、浜松駅地下は撮るのを完全に忘れていました。ついでに高速バスでついたために最初の方の写真が若干くらいです。ご了承下さい。

浜松駅

本当はアクトや浜松駅の方から始まりますね。メイワンが一緒に入っています。久々に行ったら1Fの飲食店がガラッと入れ替わっていたので、ちょっとびっくりしました。(planetarian本編では全く出てこなかった記憶)


f:id:kawasumi_yume:20161112052843j:plain

松菱の跡地

planetarianの本編では花菱デパートと言われていましたね。残念ながら去年取り壊されてしまいました。取り壊される前から浜松には行っていたため、自分の記憶の中にはありますが、聖地巡礼としては少し残念ですね。


f:id:kawasumi_yume:20161112055912j:plain


f:id:kawasumi_yume:20161112055949j:plain


f:id:kawasumi_yume:20161112060114j:plain

ザザシティ浜松

本編でチラチラ出てた気がする。ちなみにここも地下が去年の終わりごろからガラッと変わった印象。地下の本屋が潰れたの良くなかったなあ。アニメイトは昔ここの地下にありました。(今はメイワンの4Fにありますが)

f:id:kawasumi_yume:20161112060134j:plain


f:id:kawasumi_yume:20161112060139j:plain

松竹ビル

ここからはゆめみとプラネタリウムを出てからですね。有楽町の通りを歩いていくのですが、その中でも目立つのがここですかね。

ちなみにタイトーステーション浜松は昔のホームでした。松竹ビルの看板?が変わった気がする。そもそもこんなのあったっけ。

f:id:kawasumi_yume:20161112060307j:plain

例の階段

ここわかった人少ないかもしれないですね。。。必死に探しました。わかる人向けに言うと、Forceの近くですね。

ここの階段の写真を撮って喜んでいる人は十中八九、planetarian聖地巡礼でしょう…w 私も興奮を抑えきれませんでした(オイ

f:id:kawasumi_yume:20161112060624j:plain

有楽町商店街

写真を撮り忘れていたので一枚だけ。アプレシオの方からザザシティ方面で撮っているので、実際に向かう方向とは逆ですね。

f:id:kawasumi_yume:20161112060743j:plain

遠州鉄道方面へ

作中ではここから遠州鉄道方面へ歩き、遠州鉄道に沿って歩いていきます。

f:id:kawasumi_yume:20161112060806j:plain

f:id:kawasumi_yume:20161112060840j:plain

このベンチに腰掛ける少女の像とか懐かしい。自転車でよく横を通りました。

f:id:kawasumi_yume:20161112061308j:plain

遠州病院駅

劇中にその辺のシーンを見た覚えがあった。

f:id:kawasumi_yume:20161112061922j:plain

縦のほうがそれっぽいかも。

f:id:kawasumi_yume:20161112061926j:plain

助信駅

遠州病院駅から歩くと30分くらいかかります。マジで遠いです。遠州病院駅から電車乗るのが賢いかと。

劇中では封鎖駅と呼ばれているラストシーンで映る場所ですね。階段から敵を覗いたりしていたあのシーンです。

ちなみにですが、この付近って川がないんですよね。劇中のラストシーンでは川があるんですが、あれはどこなんですかね…。私はわかりませんでした。

f:id:kawasumi_yume:20161112065643j:plain


まとめ

浜松である時期過ごしていたのですが、ここまで劇中に出てくるものが溢れているとびっくりしますね。何気なく過ごしている中に見える1つ1つのものがノベル/アニメの中で出てくると興奮したものですが、改めて見返してみるとそれなりに長い時期浜松で過ごしたのに気が付かないものも結構ありました。

創作と現実で違うところもありますが、改めて浜松という街をのんびりと見る機会になり、またplanetarianをより一層楽しめそうですね。