水面下の夢

競プロやイラストに興味があります.メインブログがここ.同人サークル「かのらぶ」のページはこっち( https://yumechi0525.amebaownd.com ).ブログアイコンはYaQ(@8_9_00)さんから.

日報的な(2016/01/05)

githubでpull requestを送る


いくか記事があるが,この記事が一番分かりやすかった.


rcmdnk.github.io


概要としては,こんな感じ.

  • github上の修正したいコードを含むリポジトリのページにアクセスする.
  • リポジトリのページ上の右上にforkのボタンがあるので,それをforkする.
  • 自分のアカウントにフォークしたリポジトリが追加されるので,それを自分のローカルにclone
  • ブランチなどを決め,ソースを直してコミット,そしてforkした自分のリポジトリにpushする.
  • github上の自分のforkしたリポジトリのページ or 修正したいコードを含むリポジトリのページに行き,pull requestを選択(緑色のボタン?)
  • 対象のブランチを選択し,修正内容を記述して,リクエストを送る

と言った形でしょうか.(言葉での説明が下手くそですが,github上の修正したいコードを含むリポジトリのページというのは,例えば,
https://github.com/yumechi/AtcoderHandoutCodes のような個人または団体のリポジトリが配置されているWEBページのことです)



調べれば簡単に送れるのですが,最初どうやってforkしたらいいのか,とか結構迷ってしまいました.(先程もちらっと書いたかもしれませんが,githubリポジトリのwebページの右上にwatch, star, forkのボタンがあるので,それを使えば良いだけなんですけどね)


しかしこれでオープンソフトウェアの開発などで,バグがあって直せると気がついた時には素早くpull requestが投げられますね! 素晴らしい!!!


というわけで,githubの使い方をまた一歩学んだ一日でした.